メニュー

footer logo

header en offheader ch off

header en offheader ch off

色の思い出

カテゴリ: 趣味 作成日:2011年04月06日(水)

110407 1

今から40年以上まえ、私が幼稚園児だったころ 隣の家が外壁の塗装をしていました。ペンキ屋のおじさんは かぱっと白いペンキの缶を開け、タラッと黄色いペンキを白のペンキに落としました。次にチラっと赤いペンキを少々落としました。

くるくるっとはけで白いペンキの缶を混ぜると あっという間に「はだいろ」になりました。私はクレヨンの12色しか知らない子供でしたが 白+黄色+赤で「はだいろ」になるなんて驚き!その日から毎日ペンキ屋さんの作業に張りつき、色の修行をしました。

 

ジョギングと風景

カテゴリ: 趣味 作成日:2010年10月04日(月)

101004 3

少し前からジョギングを始めた。

建築設計という仕事柄どうしても運動不足になりがちで、それなりに慌ただしい日々と夏を乗り切るために基礎体力をつけなければと思ったのである。

始めたのにはもうひとつ理由がある。

僕は大きな川の近くの住宅街に住んでいてそのこぢんまりとした街のスケール感を楽しむ一方で、川辺の風景をもっと日常の生活で楽しむすべを探していたのだ。パソコンの画面とか図面とか至近距離なものばかり見て生活しているとそれがある種のストレスになってくる。週末くらい頭の気分転換を兼ねて遠くのものを眺めようと思いたったのだ。

初フットサル大会

カテゴリ: 趣味 作成日:2010年09月21日(火)

100921 1

先日、オフィスワーカー交流『森ビル フットサルカップ 2010』に参加しました。
会場は飛田給にある、味の素スタジアムの隣の「アミノバイタルフィールド」。

大会当日は会場の熱気に加え、30度越えの気温と強い日差し!暑さとの戦いでした。会場にはほとんど日影がなく、ペットボトルを4本飲み干す選手もいたほど。


もともと色黒の Oさんがさらに肌が黒くなったら、何色になるのだろう…なぁんて余計な心配をしてしまいました。この大会は初心者と経験者が混合の出場形式の為、初参加の私も気軽に参加出来ました。しかも、女性によるゴールは、1ゴールにつき“2点”換算という素敵なローカルルールがあり、4点獲得!

 

新型スカイライナー試乗記

カテゴリ: 趣味 作成日:2010年08月21日(土)

100802 1

成田空港まで36分というふれ込みの新型スカイライナーに乗ってきた。
開通2日目の18日、日中の暑さを避けるため日暮里駅には早朝到着。特急券購入に多少手間取るかと思いきや、意外にも10分後の特急券がいともたやすく手に入る。
ホームに上り、定番のホーム最後尾へ。普通「鉄ちゃん」たちはここで近づく勇姿を撮影すべくカメラを構えるのだが、今日は先客もいなく最良ポジションをゲット。数本の普通列車をやり過ごし、いよいよ自分の乗るスカイライナーの勇姿が見えてきた。上野の森の方面から来るとちょうどカーブになっているので連続5枚ほど激写。車両正面のライトは通常両側にあるのだが、中央に4灯まとめてあるのが珍しい。自席券は1号車なので最後尾から先頭車両まで走って飛び乗ったとたんに発車。窓際。壁クロスやロールブラインドは「風」をイメージしたデザイン。座席は外装と同じ青を基調にしたカラーリング。隣には海外へ出かける楽しそうな家族連れ。しかし「鉄ちゃん」はひたすら窓の外にむけてカメラを構える。

カクテル

カテゴリ: 趣味 作成日:2010年02月21日(日)

 

100218 1

今回はお酒のお話です。

私は学生時代、京都・祇園のバーでアルバイトをしていました。バーといってもピアノやギターやドラムがあり、毎晩ミュージシャンの生演奏が楽しめるようなピアノバーです。(時にはお客様の飛び入り演奏や熱唱もありです)

お客様は音楽好きの常連の方が多いのですが、京都ということもあり海外からの観光客など様々な方がいらしてました。

私のメインの仕事はお酒のサービスでしたが、お客様のオーダーも様々でした。
「いつもの!」「○○な感じで」「私をイメージしたカクテル」「任したっ!」

「東京物語」

カテゴリ: 趣味 作成日:2009年08月14日(金)

 

090814 1

気が付けば、8月中旬、梅雨あけもし、私が入社して早、一年と半年が経ちます。誰しも何かしら、ストレスを解消する術を自然と身につけると思いますが、私の場合、それは暇つぶしも兼ねた、映画鑑賞になります。
普段はアクション映画が中心になりがちですが、建築という仕事に携わっていることもあり、そういった視点で鑑賞することもしばしば、、、 今回は過去、気になった作品を簡単に紹介できればと思っています。

2009年08月14日(金)

「東京物語」

気が付けば、8月中旬、梅雨あけもし、私が入社して早、一年と半年が経ちます。誰しも何かしら、ストレスを解消する術を自然と身につけると思いますが、私の場合、それは暇つぶしも兼ねた、映画鑑賞になります。
普段はアクション映画が中心になりがちですが、建築という仕事に携わっていることもあり、そういった視点で鑑賞することもしばしば、、、 今回は過去、気になった作品を簡単に紹介できればと思っています。


作品は「東京物語」(監督:小津安二郎、主演:笠智衆、制作:1953年)言わずと知れた日本映画界の名作です。

粗筋を簡単に紹介します。