入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
「ミャンマー祭り2013in増上寺」日記
スポーツの秋
「えき」でしょ!!
社内ゴルフ大会の報告
ビスケット
日本の「タウン」は「まち」ですが、ミャンマー語では「山」なんです。
バスケットボール部
美術館めぐり@清春芸術村
モダンに火鉢
九州味紀行
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2011年05月09日(月)
六本木寄席 「そこの長屋」

えー 毎度ばかばかしい一席を。

江戸も中ごろとなりますと、八百八町にあまたあります長屋にもあちこちくたびれが目立つようになりまして

大家「おーい皆の衆。この長屋もそろそろ修繕にとりかからねぇとな。」
八 「端っこに住む熊こうが、いささか詳しいとかとか。ひとはだぬいでもらいますか。」
熊 「あっしはあいにくとお屋敷の造作の仕事が入ってまして・・・」
大家「ええぃ。つべこべ言わずにやっておくれな・・・」

というわけで、早速八つぁんと熊さんが組をつくりまして
八 「出入りの「でぇく」が三十両でやると言ってますが」
熊 「目論見書もないのに高い安いといってもはじまらんでしょう。まず目論見書をつくり、段取り踏んで札入れをすることがよかろうかと」

ということで八っぁんと熊さんは夜毎集まり目論見書づくりに明け暮れまして・・・。

熊 「さて目論見書もできて大家さんにも説明したことだし、そろそろ札入れとするか」
八 「越後屋、駿河屋、三河屋などが今まちなかでは評判の「でぇく」だとか」

かくして三河屋が一番札を射止め普請が始まりました。長屋中に足場がかかり、幕がはられ長い間の不自由な暮らしとなりました。

110509-1.jpg

四月十日の後、やっとこさ綺麗に仕上がり・・・
大家「熊さん八っぁんごお疲れさま。目論見書どおりにできあがり皆よろこんでおるぞ。長屋もきれいになったことだし、これを祝って長屋じゅうで祭りでもやることにしようか。」
八 「それでは餅つきなどもして」
熊 「厩の屋根に(この長屋は厩があるのです。)臼など出して」
大家「そうだな。それがよかろう。」

というわけで、おかみさんや子供たちも立ちもたちも集まり「臼」を出し、餅つき、富くじ、茶屋など勢ぞろいで、子供達も集まって大にぎわい。
綺麗になった記念に長屋の絵入りの「よろずや手形」なんかもこさえましたようで。

110509-2.jpg

大家「熊さん、八つぁん。聞くところによると三百年先には長屋も「マンション」など
というこじゃれた名前になって、あまたの修繕話がもちあがることだろうな。」
熊 「それには、しっかりした目論見書と、公正な札入れと、経験豊富な見回り役の三者が揃わないことにはかないません。」
八 「熊こうも三百年の先の修繕にひっぱりだこになり、さぞや儲かるにちげえねぇ」

熊 「いやいや皆さん。「マンション」だけに「ション(損)」ばかりでございす。」

おあとがよろしいようで。
                     
(談子老)

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .