入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
民家園探訪
民家園探訪
うさぎ島
しまなみ海道の自転車旅
ジョギングと風景
初フットサル大会
新型スカイライナー試乗記
今様倉庫建築
「上海散策」 中国リレー報告-2
カクテル
過去のエントリー
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2011年02月21日(月)
民家園探訪

日々の仕事に迷いが生じると、設計のヒントを掴めればという思いを胸に秘めながら、建築の原点に帰る意味もあって、民家園に訪れることがあります。生まれも育ちも東京で過ごし、いわゆる田舎と呼べる場所のない自分にとってのパワースポットといえるかもしれません。

110221-1.jpg


日本全国から集められた様々な形式の民家を巡っていると、時代劇の世界にタイムスリップしたかのような感覚にさせられます。茅葺の屋根や、漆喰の壁、職人技の欄間や障子などを眺めていると、時を超えて受け継がれてきた人々の愛着みたいなものを感じ取れます。当時の人々の生活を想像しながら、生い茂る木々の中、砂利道を歩いていると、外国に行く事以上の驚きや発見があり、行く度に新鮮な気持ちにさせられます。

110221-2.jpg

寒い日が続く今の時期には、囲炉裏の火に当たって時が経つのを忘れてみるという過ごし方はいかがでしょうか。

(wangang)

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .