入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
「ミャンマー祭り2013in増上寺」日記
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2013年12月06日(金)
「ミャンマー祭り2013in増上寺」日記

11月17日(日)晴れ (小春日和)                     
今日は朝から港区芝にある浄土宗大本山増上寺を訪ねました。そこではミャンマー祭りが開かれているからです。山門の中に一歩足を踏み入れると、そこはまさにミャンマー・ワールドと化しており、出店や市場ではグッズを購入し、交流写真展やNPOの活動を見学し、高田馬場の店が出そろう屋台では「シャンそば」を食し、ファッションショーでミャンマーの結婚式の模様を堪能しました。
シンポジウム会場ではロビーにミャンマー傘によるクリスマスツリーがあり、安倍昭恵夫人や中田英寿さんの話もうかがうことができました。なぜ増上寺なのかというと、我が国の浄土宗は、ミャンマーが経済制裁を受けていたころからずっと寺子屋を建てつづけて支援しその数10件に及ぶのだとか。

131206-5.jpg

さて、夕方からは、一転会場は交流の場と化し、民族衣装の方々も交え、美酒に酔い、
料理に舌つつみをうち、名刺を交換し、写真を取り合っているうちに、ミャンマーでは知らな
い人はいないという歌手を招いての歌謡ショーとなりました。
歌声とともに夜も暮れてゆき、延々と歌う、さらに歌う。
フィナーレには舞台から客席に降りて、聴衆とかけあいの熱唱また熱唱。曲に合わせたり、
人々は手をくねらせて踊り、どこかで見た光景?と思っていたら、そう「ミャンマー文字」
を仕草で表したような踊りなのです。

131206-4.jpg

こうして増上寺の夜は更けてゆきました。
ちなみに日本の踊りも、それはそれで仮名文字に似ているのかな・・・・。

(風琴子)


 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .