入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
「ミャンマー祭り2013in増上寺」日記
スポーツの秋
「えき」でしょ!!
社内ゴルフ大会の報告
ビスケット
日本の「タウン」は「まち」ですが、ミャンマー語では「山」なんです。
バスケットボール部
美術館めぐり@清春芸術村
モダンに火鉢
九州味紀行
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2013年02月28日(木)
美術館めぐり@清春芸術村

先日、新宿から特急を利用して約2時間半、JR中央線の長坂駅(山梨県)から車で10分ほどの場所にある
「清春芸術村」に行ってきました。

清春芸術村は白樺派の作家たちと所縁の深いアートスポットで廃校になった小学校の跡地に作られた広い芝生の敷地内には谷口吉生氏が設計した清春白樺美術館やルオー礼拝堂をはじめ、パリで有名なアトリエアパート「La Ruche」を再現したものや安藤忠雄氏の光の美術館などいくつもの建築物が立ち並び不思議な空間を作っています。

1303110.jpg

清春白樺美術館にはフランスの画家ルオー作品を常時所蔵しており、私が訪れた時はそれ以外にも白樺派の画家岸田劉生や梅原龍三郎などの作品や、作家の武者小路実篤や志賀直哉の書画、あの『白樺』の創刊号から最終号を含む貴重な資料や作家の直筆の原稿も展示されていて、アート好きだけでなく文学好きな方も楽しめる展示内容でした。


いちばん見たかったのはこの「La Ruche」。
本物ではないけれど、かつてあのシャガールやモディリアーニなどが住んでアトリエとして使っていたことを想像(妄想)するだけでワクワクします。その名の通り蜂の巣のようになっているらしく、見てみたい!
と思いましたが内部はアトリエとして貸し出しているので見学はできないそうです・・・。

1303114.JPG

こちらは藤森照信氏の「茶室 徹」。茶室を支える檜は樹齢80年のものだそう。
もちろんこちらも見学することはできませんが、春になると桜に囲まれきっと茶室の窓から見える景色は
素晴らしいことでしょう。

1303115.JPG

山梨といえばフルーツやワイン、アウトドアなどが有名ですがアートな山梨にも触れられてとても興味深い旅でした。
近くにはカフェや美味しいお蕎麦屋さんもあり、リゾート地でもある小淵沢にも近いので興味のある方は是非
訪れてみてくださいね。

<anna>

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .