入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
グランビル・アイランド(カナダ視察報告)
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2012年01月12日(木)
グランビル・アイランド(カナダ視察報告)

バンクーバーの南部にあるグランビル・アイランドは不思議な島である。
「島」といっても一部で陸続きとなっているのだが、工場のバラックのような建物をそのまま使ったもので、上には高架道路が走り、街の中には「現役」のコンクリート・プラントが稼働し、アスパラにデザインされたミキサー車が行きかう。そんなショッピングセンターなのである。

<事務局にて担当者の話を聞く>
街の一画に事務局があり、その会議室でプレゼンテーションを受ける。
1973年から市の補助金をもとにCMHC(カナダ住宅金融公社)を受け皿に、既存建物を活用し、パブリック・マーケット、ビール工場、美術デザイン大学、ホテル、アートシアターなどを誘致した。
建物は平屋か二階建てで、鉄骨トタン張りの仮設的なものでそれが約14haの島中に展開されている。

120112-01.jpg

<担当者の案内で街を散策>
パンフレット(右図)をいただきケンさんとローラさんの案内で島を散策。
(パンフは英語・仏語で裏表になっている。上図は仏語バージョン)
島の周辺はヨットハーバーになっている。
ここでは桟橋もクレーンも木製で雰囲気づくりとなっている。
植え込みは酒樽だし、駐車場の車止めやベンチまでも丸太という徹底ぶり。

120112-02.jpg

このような施設で来場者は年間1000万人以上という。
地ビールの「グランビル・ビール」を飲みながら、ともすれば費用をかけて作られた環境の中で楽しむことの多い我々にとって、考えさせられた「島」であった。
今般、海外住宅・都市開発事情視察団の一員としてカナダを訪れた。
これはその際のバンクーバーでの記録の一部である。                                             
(風琴子)

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .