入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
新型スカイライナー試乗記
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2010年08月02日(月)
新型スカイライナー試乗記

100802-1.jpg

成田空港まで36分というふれ込みの新型スカイライナーに乗ってきた。
開通2日目の18日、日中の暑さを避けるため日暮里駅には早朝到着。特急券購入に多少手間取るかと思いきや、意外にも10分後の特急券がいともたやすく手に入る。
ホームに上り、定番のホーム最後尾へ。普通「鉄ちゃん」たちはここで近づく勇姿を撮影すべくカメラを構えるのだが、今日は先客もいなく最良ポジションをゲット。数本の普通列車をやり過ごし、いよいよ自分の乗るスカイライナーの勇姿が見えてきた。上野の森の方面から来るとちょうどカーブになっているので連続5枚ほど激写。
  
車両正面のライトは通常両側にあるのだが、中央に4灯まとめてあるのが珍しい。
自席券は1号車なので最後尾から先頭車両まで走って飛び乗ったとたんに発車。
窓際。壁クロスやロールブラインドは「風」をイメージしたデザイン。座席は外装と同じ青を基調にしたカラーリング。隣には海外へ出かける楽しそうな家族連れ。
しかし「鉄ちゃん」はひたすら窓の外にむけてカメラを構える。

100802-2.jpg

電車はゆっくりと発車し最初は京成の在来線を、建設中のスカイツリーを横目に普通の速度で進み、10分ほどすると複雑なポイントを通過して北総鉄道に入る。そこからは直線コースとなりスピードアップ。
 
かつて仕事で訪れたことのある新鎌ヶ谷、白井、千葉ニュータウンなどの駅を飛ばして、日本医大駅からはコンクリートも新しい新線軌道に入る。印旛沼を過ぎ、成田の市街が見えればもう空港第2ビル。終点までは確実に36分のアクセスだった。

100802-3.jpg

駅では旅行客はパスポートや荷物チェックなどで止められているが、手ぶらの私は身分証を見せ敬礼して通過。ターミナルでは海外旅行客を尻目にちょっと遅い朝食をとり、帰りはアクセス線の特急で帰宅。お昼前にミッション終了。

鉄道愛好家の世界では自分たちを「鉄ちゃん」とよび、そのターゲット別に「乗り鉄」「撮り鉄」、「駅鉄」果ては「鉄女」(女性の愛好家)などと様々な呼び方があるとのこと。
その例にならえば、さしずめ自分は「ガイ鉄」。海外の鉄道に乗ることを楽しみにしており、多くのエア・ポートから空港特急に乗ってきたが、やっと、それらに匹敵する先進性、未来性を備えた特急にめぐりあえた。

(外テツ)

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .