入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
「旅情上海」 中国リレー報告-1
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2009年12月17日(木)
「旅情上海」 中国リレー報告-1

「建物も 街も味わう 視察行」

当事務所では、設計した建物が竣工した際、若手を中心に見学行き、次の設計に生かしていくという良き伝統が続いています。ただ、都内や国内の建物ならともかく、海外の建物となるとそう簡単にはいきません。

このたび、昨年竣工した上海の超高層「上海環球金融中心」を是非見学したいという声があがり、有志をつのり格安ツアーを選んで行ってきました。今日はその報告の第一弾です。

091217-1.jpg

中国東方航空機で上海浦東空港に着いた一行18名。外灘のホテルにチェックイン後、直ちに浦東地区の超高層エリアへ。そこは未来都市さながらの景観で、その中でもひときわ高い建物が本日の目的地です。

091217-2.jpg

説明役の方々に迎えられまずプレゼンテーションルームへ。そこで工事や構造のビデオを鑑賞し、次に上海全体の巨大な模型を見学したあといよいよ各階へと進みました。機能的な事務所やホテルのレストラン、ホテル客室を見学し、再び地上に戻り急行エレベーターで最上階へ。

展望台では観光客とともにはるか下を行き交う船を眺め、その高さや眺望に感嘆の声。一般人が訪れることのできる世界一の高さは、意外にも霧に囲まれた静寂な空間でした。

091217-3.jpg

3時間あまりの見学を終えどっぷり日も暮れ、近くのレストランでこの日初めての食卓を囲みました。中国語飛び交う家族連れとともにする食事は異国の地に来た実感もひとしお。窓の外には光るタワー。

「浦東(プートン)の 雲きりわける 銀ナイフ」

東京をたってから18時間、長い長い一日が終わろうとしています。 (・・・続く)

(シャチョ)

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .