入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
アスロックカップ
同期生交歓(新鮮パック編)
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2008年12月16日(火)
アスロックカップ

 最近、社員旅行や社内運動会の効用を見直す動きが広がってきているという話を聞く。職場の人間関係を円滑にし、社内のコミュニケーション不足を解消するイベントとして注目されているようだ。

 我が社にも3年ほど前に結成されたフットサル部がある。設計事務所健康保険組合主催の大会があるから参加してみるか、というのがきっかけ。それ以来コミュニケーションの輪は社内だけでなく他の設計事務所やメーカー、クライアントへと広がっていった。

081216-01.jpg

 先日そういったメーカーの一つ、ノザワが主催するアスロックカップに参加した。この大会はノザワが日頃接触のある設計事務所に声をかけて予選、本戦合わせて6試合行うものである。ちなみにアスロックとは押出成形セメント板の名称である。

081216-02.jpg

 仕事が忙しく練習不足なメンバーもいる中、どうにか頭数はそろえる事が出来た。期待は二年目のエースT田。元々経験者はアラフォーな我がチーム、能力、運動量ともに秀でた彼が得点源とならなければ勝利はない。良くも悪くもエース頼り。後は周りがどう前線に絡めるか、といった思いで試合開始をむかえた。ところが初得点はチーム最高齢のN尾。その後もオーバー40のN川やレフティMの得点が続き盛り上がる。こうなるとエースも黙っていられない。3試合目に初得点するとその後は毎試合得点!エースの面目躍如。キーパーO津もファインセーブの連続!!皆の活躍で予選リーグ2位、最終順位は16チーム中6位。チームとしてのまとまり、成長を感じる事が出来た一日であった。

081216-03.jpg

(三流亭玉七郎)

2008年12月03日(水)
同期生交歓(新鮮パック編)

「設計事務所っておじさんばっかりでつまんなーいんじゃないの!」
と思われている方も意外に多いのではないでしょうか。
そこで今回は満を持して弊社のヒロインに登場してもらいます。

本年度はなんと7名もの新入社員として弊社に入社しました。
「ヒト癖もフタ癖もある」諸先輩方に囲まれて悪戦苦闘のことと思います。
今回は皆様の期待にお答えして、弊社新入生の一人、Kさんに登場してもらいます。


・入社前の弊社の印象はありますか。
 採用面接の時からとても親切にしていただいた印象があります。
 面接をとおして先輩方のあたたかかい人柄を感じ、より一層入江三宅で働きたいと
 おもいました。

・そんなによい印象を持っていたのですか!
 ということは入社後相当ガックリきたのでは。(笑)

 そんなことはありません。(笑)
 社内には組織事務所とはおもえないほどアットホームな雰囲気をかんじます。
 年齢を問わず仲がよく、お互いに全員の顔を知っているのがいいなぁとおもいます。
 今年の新入生は人数が多く、なかなか覚えられませんが・・・。

・社会人になるとこれまでと大きく生活環境が変わります。
 「ああ私は社会人なんだー」と思うことはありますか。

 学生時代の設計では現実との接点を見つけることに悩みましたが、実社会では
 描いた線の「すべてが本物」になることが楽しく、同時に責任をかんじています。

・今回のテーマの同期生についてですが、同期で気になる人はいますか。
 相当興味あるんですけれど・・・
 他のみんながどんな仕事にたずさわっているか気になります。同期が同じ1年生という 
 立場でがんばっている姿を見ていつも励まされています。
 これから同期会などをとおして、みんなのステキな個性を見つけていきたいと
 おもいます。

・大学時代の同級生と違うところはありますか。
 同期の人たちが国内外のいろんな大学からきていて研究分野も違うので、考えかたも
 さまざまで、建築の話をしているととても新鮮にかんじられます。

・まだそれ程時間は経っていませんが、同期生の存在をどのように感じていますか。また
 どのようになってほしいと思いますか。

 入社後すぐにうちとけて、なんでも話しあえる仲間がいることは仕事以外においても
 心強いとおもいます。例年になく新入社員が多かったことを幸せにかんじています。

・最後に将来の夢はありますか。
 海辺にちいさな週末住宅を自分で設計して暮らしてみたいです。


「うちの宝になんてことをするんだ、お前は!まだ7ヶ月なのに同期生について語れといわれても無理だろう。まったく・・・」とおしかりを受けました。
しかしそんな中でも見事な対応!さすがは社会人です。(笑)

同コラムでM取締役が「新入生に暇な時間はありません!何をやっても勉強になりました。」と語っていましたが、新入生には全てが新鮮で輝いてみえるのでしょうか。
皆様にもそんな「新鮮パック」をそのまま届けられたのではないでしょうか。


また定点カン測

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .