入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
同期生交歓(奇跡の結晶編)
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2008年08月08日(金)
同期生交歓(奇跡の結晶編)

「偶然日本に生まれ、偶然同じ時代を生き、・・・・そしてナント偶然にも私たちのいる
入江三宅設計事務所に入社することになった。これはまさに奇跡といえましょう。
この奇跡を大切にしてこれから入江三宅で共にやっていきましょう。」
今年の新入生歓迎会で弊社M取締役が新入生へ送った言葉です。

それがさらに同期入社となると・・・奇跡以外の何者でもありませんね。
ここではそんな弊社の同期生を取上げます。
まずは冒頭のお話をされた本人に登場いただきます。

オイルショックの影響をモロに受けた昭和49年。
・同期入社はどなたですか。
 U部長、W部長と後に退社独立した2名を含めた大量5名の入社でした。
 当時活躍したアイドルグループ「フィンガーファイブ」をもじって、我ら5人組は
 “チョンガーファイブ”という愛称で呼ばれていました。(笑)

・相当の不景気だったと聞きますが、入社当時の状況を教えてください。

 新入生に暇な時間はありません!何をやっても勉強になりました。
  昼ご飯も夜の飲み会もそして麻雀でも、いつも5人が固まって行動していました。
  その若さと行動力で先輩方を圧倒し、まさに怖いもの知らずでした。

・当時はお互いをどのように思っていましたか。

 よくもまあ、酒の強い奴ばかり集まったものだ、と思っていました。(笑)

・現在の状況について

 みんなすっかり大人になってしまいました。
  しかし今でも同期だけで集まると子供(入社当時)に戻ってしまいます。

・Mさんにとって同期生の存在はどのようなものですか。

  自分を映し出す鏡ですね。

・最後にMさんの信条を言葉にすると?

 「建築を愛しなさい」
 これはイタリアの建築家でありデザイナーでもあるジオ・ポンティの著書のタイトル
 ですが、建築に注ぐ愛情を感じる言葉です。そして書籍の中にあふれる血の通った
 建築という思想が私の信条であり、また入江三宅の思いでもあります。
 ・・・それは、同期との関係にも通じることかもしれませんね。
 
奇跡の結晶が生んだ“チョンガーファイブ”。
奇跡の点が線となり、やがてその線に血が通う。
そんな人と人とのつながりが感じられるお話でした。

-定点カン測-

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .