入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
「ル・コルビジェ展」によせて
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2007年08月14日(火)
「ル・コルビジェ展」によせて

現在六本木ヒルズ森タワーの最上階の美術館で「ル・コルビジェ展」が開催されています。彼は1887年スイスのラ・ショー・ド・フォンに生を受け、今年で120年を迎えそれを記念しての開催です。先日この展覧会を訪れユニテ・ダビタシオンの住戸実大模型などを体験できましたが、たまたま一昨年マルセイユのこの建物を訪れたのでその印象とともに紹介します。

マルセイユの旧港から東へ車で30分ほど走らせると、木々に囲まれて白亜の高層住宅が見えてきます。遠くから白く見えたその姿は、近づくにつれてその壁面内側が様々な色で彩られていることがわかります。車を降りると芝生の上にピロティを持ち上げる巨大な柱が迎えてくれます。1952年の竣工というから55年前の住まいですが、古さまったく感じさせません。337戸1600人が生活し、中には商店もあり、最上階には幼稚園、屋上には野外劇場やプールなどもそろっていてひとつの町といった感じです。
070814_1.jpg070814_4.jpg

左:ユニテ・ダビタシオン外観 右:屋上プール


ガイドさんが居住者の一人と話をつけておいてくれて自宅内部の見学できるということで早速エレベーターで上階へ。その女性はすでに子供たちが独立しているので、中をご自由にご覧下さいと各室を案内してくれました。

住戸の玄関には「氷の冷蔵庫」も設けられており、コンパクトなキッチンを自慢げに説明してくれました。メゾネット階とは写真のような軽快な階段でつながっています。そして西側の個室からはマルセイユ湾の紺碧の海。
行き届いた管理もさることながら、これが55年前のものとは思えないという生き生きとした住宅でした。館内の一部にはホテル機能もついていて「今度来るときは泊まりに来て」と流暢なフランス語で誘ってくれました。

070814_2.jpg070814_3.jpg

左:室内の様子 右:メゾネット階への階段


今回の展覧会には、この一住戸2階分の実物大模型が再現されておりそのスケール感を体感できます。窓の外の青い海はありませんが。
9月末まで開催していますのでお出かけになってはいかがでしょうか。

-吟遊人-

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .