入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
「醸造蔵」設計譚
ヒルズカップ
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2006年12月15日(金)
「醸造蔵」設計譚

061215.JPG 忘年会の季節となり酒に親しむ機会が多くなる年末にちなんだ話題を一つ。世間には様々な専門分野の雑誌があり、ここで紹介する「醸界春秋」は神戸市灘にある雑誌社が発行する酒専門の月刊誌です。酒にまつわる情報やエッセイ、研究などを紹介し現在112号を数える「飲んで酔境、読んで教養」というバラエティー豊かな雑誌です。

その中に「醸造家と建築」という題名で神戸女学院大学の川島智生(ともお)先生が連載を続けています。古来、町の中で大工の棟梁により創り続けられていた酒蔵と、酒造メーカーが建築する近代的な酒造工場のはざまにあって、建築史的に取り上げられることが少なかった「醸造蔵」にスポットを当ててその系譜を丹念に読み解いている建築史家です。

2004年10月号(No.93)では「熊本瑞鷹(ずいよう)酒造」を特集しています。仕込みは冬と限定されていた伝統的な酒蔵に、空調システムを完備し季節にかかわらず仕込みの出来る「四季醸造」の考え方を取り入れ、1962年に竣工した建物です。微妙な温度湿度のコントロールを必要とする紡績工場の実績を積んでいた入江設計事務所に依頼された経緯が紹介されています。

061215_1.JPG061215_2.JPG

左:醸界春秋 右:当時の新聞

この前後の当事務所の酒造関連作品としては、若狭小浜に小浜酒造本社(1955)、岐阜県酒造会館(1959)、東京の日本酒造会館(1961)、熊本県酒造会館(1964)などがあげられます。当時、三宅所長(現会長)は新聞紙上に次のようなメッセージを寄せていました。


建築は凍れる音楽といわれる。芸術としての建築造型はまさしく無からの創造である。然しそれはまた人間を容れるうつわでもある。「用」という面がきびしい制約となって迫り、建築家を苦悩させる。
一杯の酒が創作の苦しみを和げ、また時として素晴らしいひらめきのよすがとなることもある。
入江三宅設計事務所 所長 工学博士 三宅 晋


当事務所の所員に酒好きが多いのはこんな理由によるのかも知れません。

-風琴子-

2006年12月05日(火)
ヒルズカップ

futsal_1.jpg秋晴れの9月30日に『ヒルズカップ2006』なるフットサル大会が行われた。これは六本木ヒルズのオフィスワーカーの交流を目的とした企業対抗の大会であった。G社・Y社・J社やクライアントであるM社など知名度の高い企業に混じり、我が事務所も気持ちだけ若いおじさん予備軍を中心にチームを作り参加した。だが、体育会系でなく理数系な僕らは、日頃の運動不足がたたって蹴れない・走れない・止まれない(笑)。結婚前に比べ一回り大きくなった動かない体と『若い奴にはまだまだ負けないぜ』なんて負けず嫌いな気持ちの大きなギャップ。結果は・・・散々でした。大敗はしなかったものの日本代表並の決定力不足。
ロングボールを多用して、相手のゴール前に蹴り込んでフィニッシュに持っていきたいけど、そんなに甘くない。ディフェンスに軽くクリアされてしまう。自陣で細かいパスをセーフティーに回し続けても好機はやって来ない。
あれっ! そんな時ふと思った。
フットサルって実は僕らの仕事に近いんじゃないかなって。
ディテールを無視して、打合せもそこそこに雑に進めて創り出そうとしたって良い建物なんて出来る訳がない。逆に細かい事に気を取られ過ぎて、大きな視点で物を捕らえていないとダイナミックな建物も出来ない。
日々の僕らの業務って午前中にサッシのディテールで悩んでいたかと思えば、午後には都市景観に関して議論してたりする。ミクロとマクロの世界を行ったり来たりしながらデザインしている。
そんな毎日の中でスムーズに決まる事なんて少なく、行き詰まる事の方が多いのが現実。そうなるとタチが悪く何をしていても頭から離れなくなってしまう。職業病の様で食事中だろうが、入浴中だろうが、鉛筆をビールに持ち替えてもダメみたい。
しかし、神様が助けてくれたんじゃないかって思う位の「目からウロコ」なアイデアが、どこからかひょいと降りてくる。それは、まさに『キター!』って感じで、その後はビックリする位 一気に問題が解決したりする。
それって、多分フットサルでスルーパスがきれいに通った時の感じに近い。そんなパスが何本も通ったのが、その人の自信作(代表作)になっているんじゃないだろうか。

WORKSを見てどの作品が、たくさんスルーパス通ったと思いますか?
futsal_2.jpg

-202-

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .