入江三宅
ABOUT US
WORKS
NEWS
RECRUIT
CONTACT
ACCESS
COLUMN
IM's COLUMN English Japanese
最近のエントリー
免震ことはじめ
「都市に歴史」
過去のエントリー
2013年12月
2013年11月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年06月
2010年04月
2010年02月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年05月
2008年03月
2007年12月
2007年08月
2007年04月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
IM’s COLUMN
IM’s COLUMNトップへ戻る
2006年11月20日(月)
免震ことはじめ

061120.jpg鎌倉大仏の寺として知られる長谷の高徳院は、本堂、回廊、客殿の設計を担当した当事務所ゆかりの寺です。あまり知られていないことですが、その大仏は昭和36年(1961)に大改修が行われました。
建長4年(1452)に建造が開始され、室町時代の大津波で大仏殿が流されて以来露座となった大仏(阿弥陀如来坐像)は高さ12.3m総重量121トンの金剛坐像です。大正12年(1923)年には関東大震災を受け、頭と頸の部分にクラックが入りさらに大地震が来れば倒壊の恐れがありました。そこで1961年当時の文部省文化財保護委員会(関野克博士)より、法隆寺・法輪寺などの収蔵庫の設計を行っていた当事務所に設計の依頼がありました。

台座を補強し、関野博士の提案により台座と大仏の間にステンレス材を挟み込むことで地震の力を軽減するアイデア、すなわち『免震構造』が採用されることとなりました。これが、我が国初の免震構造です。コンクリートの上ではすべりが悪いので、ビシャン叩きの御影石の上にステンレスを敷き台座も広げました。当時の工事の内容は、今でも大仏胎内にある銘板より知ることが出来ます。

061120_3.jpg061120_2.jpg061120_1.jpg

左より:工事中の全景、台座の工事、ステンレス材

この精神は連綿として21世紀の現在までつながり、当社の構造設計の規範となっています。ご存じの方もいらっしゃいますが2006年竣工の表参道ヒルズにも中間免震が採用されています。また、千葉市に2009年竣工予定の集合住宅では、まだあまり例を見ない超高層免震タワーを実現しています。
秋の散策の折り、長谷の大仏を訪れたらふと思い出してください。

-風琴子-

2006年11月02日(木)
「都市に歴史」

061102.jpg8月30日都庁にて夜までの会議を終え外に出ると、庁舎が五色の照明で彩られていました。この日の夕方オリンピック誘致の国内候補地が東京に決定されたとのことでした。計画ではメインスタジアムを晴海に、その周辺に選手村やプレスセンターをつくるもので、TVの画面からも昭和36年の東京オリンピックを懐かしみ、期待する声が多いようでした。
実はその遥か前に東京で「幻のオリンピック」そして「幻の万国博覧会」があったことを知る人は少ないでしょう。昭和15(1940)年の皇紀紀元2600年を祝う万国博覧会が計画され、会場には昭和初期に埋め立てられた月島(現在の晴海・豊洲)と横浜が選ばれました。東京では地下鉄の延伸が計画され、勝鬨橋も完成を迎えようとしていた頃です。
一方、第12回オリンピックは昭和11年のベルリン会議で決定され、東京市はそれを受けて臨時建築部を設け現在の駒沢公園をはじめとすると市内に競技施設を設計しました。この時、選手村担当となったのが東京帝大建築学科を卒業したばかりの入江雄太郎でした。

061102_1.JPG061102_2.JPG

左:博覧会俯瞰図-晴海・豊洲 右:オリンピック競技場-駒沢

その後日中戦線拡大の中でこれらの計画も幻に終わり、太平洋戦争を経て終戦を迎える過程は皆さんの知るところです。戦後入江は岐阜に設計事務所を開き、それが現在の入江三宅設計事務所となり、来年でちょうど60周年を迎えることになります。
10月30日にその晴海で「晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の起工式が行われました。冒頭の会議はその超高層群の景観について都の担当者との打合せでした。「建築に未来、都市に歴史。」歴史は繰り返すのかもしれません

-風琴子-

 
入江三宅設計事務所
Copyright (C) IRIE MIYAKE ARCHITECTS & ENGINEERS, All Rights Resereved .